Kawagoe Circle
ユーザーID : パスワード :
HOME  >  学会報告  >  第9回GID学会 研究大会  >  第9回GID学会におけるSRSについての報告 補足(2007.4.3)
 
 HP内検索
 
 学会報告
> 2. 男性から女性への性別適合手術 われわれの術式(埼玉医科大)

 手術費用は典型的でないものも含めると110〜200万
 入院日数は8〜40日、典型値で15日、平均値18日
 (htさんのメモと違います)

> 3. 男性から女性への性同一性障害における術後外陰部の経時的変化(埼玉医科大)

 海外の手術では膣口狭窄が起こる場合があるが、埼玉の手術では0件
 その他の異常は、
  知覚異常(過敏など)2
  出血による壊死2
  陰核壊死2
  膣口?露出5(メモが間違ってるかも
  尿道の治癒遅延1
  部分壊死1

 ただ、全体の症例数が14例なので、統計的な意味は無いと思います。
 データは示されませんでしたが、このようなトラブルは
 初期に多かったという発言がありました。

 あと、FTMと骨の問題で、ホルモン療法が原因で20代で治療が必要なレベルの
 骨粗しょう症になった例が複数ある、というデータが示されていました。
プリンタ用画面
投票数:116 平均点:5.00
前
第9回GID学会におけるSRSについての報告(2007.4.2)
カテゴリートップ
第9回GID学会 研究大会
 
 カレンダー

前月 2021年 11月 翌月

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Info Info  
News News  
Calendar Calendar  

 
- Kawagoe Circle - (since 2006) :: Theme4u